軽自動車の中古車市場について

軽自動車の市場が拡大しています。その需要は年々高まっています。

この理由は燃費の良さ、税金の安さなどでしょう。
できるだけ出費を抑えたいと思う人が増えているのです。
また小さなボディは小回りが利きますから、運転しやすいことも大きなメリットです。

その傾向は中古車市場にも広がっています。
軽自動車の中古車市場も拡大しているのです。
ただ、軽自動車の中古は意外と値落ちが少ないと言われています。
つまり、中古車でも価格が下がらないのです。
あまり変わらないのなら、新車を購入した方お得になることでしょう。

軽自動車の生産技術は年々高まっており、新車の方が燃費は確実に良くなっています。
あまり価格が変わらない中古車であれば、迷ってしまうことでしょう。
軽自動車の中古の価格は3年落ちで新車の7割台をキープしていると言うデータがあります。
もちろん、中古車の個体差はありますが、3年で7割台はかなり高いと考えていいでしょう。

普通車であれば、5割のレベルです。
面白いことにそれよりも古い車になると割高感がもっと強くなります。
7年落ちぐらいの軽自動車なら、ちょっとお金を貯めて新車を購入した方がいいくらいです。
もちろん、中古車に対してどのような考えを持っているかによって、その価格を高いと感じるかどうかは決まります。

軽自動車の価格が下がらないのはそれだけの需要があるからです。
新車でなくてもいいと思っている人が多いのでしょう。あなたも軽自動車の価格を調べてみましょう。