メロンパンアイスとは?

石川県・金沢発の「ちょっと変わった食べ物」が、じわじわと人気を集めているのをご存知でしょうか。

気になるその食べ物とは、メロンパンアイス。

名前だけでは想像がつかないでしょうか?しかし、心配は無用です。
メロンパンアイスは、名前の通りの食べ物なのです。つまり、焼き立てのメロンパンに、アイスが挟んである新しいスイーツ。

それがメロンパンアイスなのです。
焼き立てのメロンパンと言えば、生地はサクサク。
そこに冷たいアイスを挟む。ありそうでなかった、この発想。
実は、女子高生の提案なのだそうです。もともとのお店は、移動販売で普通のメロンパンを売っていました。
そこへ「アイスクリームを挟んだら、おいしいかも」と女子高生のアイデアが重なって、メロンパンアイスは誕生しました。

メロンパンアイスを開発、販売しているのは三上史朗さんという方です。
女子高生の言葉をきっかけに、生地やメロンパンに合うアイスクリームの研究に約1年を費やし、メロンパンアイスという人気商品を生み出したのです。
かつて大阪で揚げパンにアイスを挟んだB級スイーツが人気になりました。

熱い揚げパンに冷たいアイスを挟んだ意外性と、溶けたアイスが染み込んだパン生地のいおいしさは、それまでにない味わいでした。
メロンパンアイスは熱いメロンパンに冷たいアイスという意外性だけでなく、メロンパンのサクサク感も加わって、新たな食感を生み出しました。
やがてメロンパンアイスの噂は県境を越え、県外からの観光客も訪れるようになりました。
今後、広島県への進出を皮切りに、京都や東京へも出店するそうです。

メロンパンアイスの人気が広まったのは、ツイッターなどのSNSで認知度が上がったためです。
ふしぎな食べ物を食べる時、写真を撮って投稿したいという単純な気持ちが、メロンパンアイスを広めたんでしょうね。