マンション売却と媒介契約

不動産の売却は専門家である不動産会社に依頼することが一般的です。
手数料がもったいないと、自分で売却をやろうと考えている人もいますが、現実的には非常に難しいでしょう。
法律的なこと、手続きのこと、営業活動など、どれをとっても普通のサラリーマンが片手間でできることではありません。
そこでマンションの売却を不動産会社に依頼することになりますが、それは媒介契約と呼ばれています。
媒介契約には3つのパターンがあります。

一般媒介契約は一番自由度が高く、複数の業者と同時に契約しても構いません。
これに対して、専任媒介契約は他業者への依頼はできません。
専任媒介契約を結んだ不動産業者は依頼主に対して2週間に1回以上の状況報告をしなければなりません。
専属専任媒介契約になると1週間に1回以上の報告が義務付けられており、状況によって営業戦略を見直すことも可能になります。
専任媒介契約では一つの不動産業者だけがマンションの売却の世話をすることになりますから、業者の役割が非常に高くなります。
買い手が見つかれば、手数料は確実に業者の収入となりますから、不動産業者もやりがいがあることになります。
一般媒介契約では、買い手を見つけても、契約に至らなければ、不動産業者の収入とはなりません。
したがって、あまり熱心に営業をしない可能性もあります。
どちらがいいかは一概に言えませんが、不動産業者の担当者の積極性などから判断することが必要でしょう。

【リースバックについて】


【住宅関連(ヤフオク)】

マンション売却と売主

物の売買では買主がお客様です。
それはマンション売却でも同じことです。
売主は買主をお客と考えなければなりません。

しかし、ほとんどの場合、間に不動産業者がいるため、売主としての自覚に欠ける人たちが増加していると言われています。
つまり、売主なのに不動産業者のお客であるかのような視点に立っているのです。
もちろん、不動産業者から見ればお客かもしれませんが、マンション売却が失敗した原因がすべて不動産業者にあると言うのは言い過ぎではないでしょうか。
マンションを高く売りたいと言う気持ちは当然ですが、売れないものは売れないのですから、値下げしていかなければなりません。
自分が設定した金額に固執して、タイミングを逃してしまうケースも少なくありません。
もちろん、不動産業者の活動が不甲斐ないためにマンションが売れない可能性も否定できません。
ただ、自分の責任についても考えておくべきでしょう。
マンションの内覧会などを実施した時に、売主にとって買主はお客様です。
その気持ちを持って、接しなければなりません。

お客は店員の態度を見て、物件を評価してしまいます。
それはあなただけではなくほとんどの人がショップでやっていることでしょう。
定員の印象が悪い店では買いたくなくなってしまうのです。
売主としての自覚を持つことがマンション売却でよい影響を与えることを自覚しましょう。
そして、その気持ちは不動産業者にも伝わります。
結果として売却が成功だったとなるでしょう。

【リースバックについて】


【住宅関連(ヤフオク)】

マンション売却の失敗

マンション売却の理由は様々ですが、失敗した例を紹介しましょう。
自宅マンションを売却して、新しい別のマンション購入を計画していた人の話です。
売却を考えた時には住宅ローンが残っていました。

買い替えローンを利用して、売却したマンションの売却益でローンの返済を計画したのです。
しかし、売却予定のマンションがいつまで経っても売れません。
新しいマンションへ入居してしまっていますから、そのマンションのローンもあります。
つまり、二つの住宅ローンを抱えることになってしまったのです。

これは売却しようとしたマンションがいつまで経っても売れなかったために起きた悲劇です。
専任媒介契約をした不動産業者が売れる当てもなく請け負ったことが一番の原因でしょう。
しかし、契約した売主にも責任があります。

マンション売却で一番難しいのは不動産業者選びだと言えます。
不動産業者を選定する時にどのような考えを持てばいいのでしょうか。
現実問題として、よく知らない不動産業者がどの程度役に立ってくれるかを判断するすべはありません。
そのため、知名度や会社の規模などから判断してしまうことが多いでしょう。
それが失敗の元となります。

インターネット上の業者のサイトを見ると、どこも自分のところは信頼できますよと宣伝してします。
一つの判断材料として実績を教えてもらうことです。
近所で同じような物件の売却実績があるかどうかは重要なポイントですね。
また、複数の業者を比較してみるのも大切です。

【リースバックについて】


【住宅関連(ヤフオク)】

マンション売却のノウハウ

インターネットを活用することでマンション売却の相場を知ることができるようになりました。
多くの事例を調べてみれば、自分のマンションの売却がいくらくらいかわかります。
実際に売却する時には不動産業者に依頼しなければなりませんが、査定額をそのまま信用することはできません。
不動産業者もビジネスですから、できるだけ手数料を多く受け取りたいと考えていますし、営業活動を少なくして効率よくやりたいと思うでしょう。
売主からの物件で専属媒介契約をしておいて、実際にはネット上で売りに出している場合もあります。
つまり、自分では何の営業活動もしていないことになります。

マンション売却のノウハウとは、不動産業者をうまく利用することにほかなりません。
もちろん、全面的に不動産業者を信用することはできませんが、始めから疑ってかかるのはいかがなものでしょうか。
世の中が人を信用してはいけない風潮になっています。
自分の利益を確保するためには人を疑ってかかれと言うことです。
すべての不動産業者が悪いわけではありません。

それよりも、不動産業者と親しくなって、細かいノウハウを教えてもらうことがいいのではないでしょうか。
きちんと聞けば、親切に教えてくれる不動産業者も少なくありません。
ただ、中には本当に悪徳業者の担当者もいます。
その見極めは難しいのかもしれません。
マンション売却は金額が大きいため、その誘惑に負けてしまう人が多いのでしょう。
インターネットでいろいろと調べてみましょう。

【リースバックについて】


【住宅関連(ヤフオク)】

マンションの一括査定

不動産売却専門サイトがインターネット上にあります。
そこでは無料でマンション売却の査定を行うことができます。
売却のためのシミュレーションも一括して行うことができます。
しかし、これらの査定から不動産業者を選定しようと考えているなら、それは大きな間違いです。
マンションの査定はその金額を保証しているわけではありません。
不動産業者の役割は売り手と買い手の仲介役に過ぎません。

その物件を売るとしたらこれくらいの金額だろうと言うのが査定額です。
契約するまでは、買い手との交渉によって変動することになります。
不動産業者の選び方は重要ですが、売主であるあなたの態度も重要なポイントです。
いくらくらいの売値を考えているかを明確にしてください。
購入した時の金額から、ある程度の家の劣化を考慮して、納得できる金額を算出しておきます。
不動産業者への手数料や税金も考慮します。

引っ越しを考えているなら、その費用もねん出しなければならないでしょう。
住宅ローンを支払うことができずに、マンションを売却する人も少なくありません。
会社が不況でリストラされたり、離婚で収入が減少したりした場合ですね。
インターネットで便利になったのは一括査定が自宅からできることです。
ただ、査定をもらった後は実際に不動産業者の事務所に出向いて、打合せをする必要があります。
これだけでもかなりの労力を削減できるでしょう。
複数の業者を比較することで、相場がわかりますし、高く売ることができるかもしれません。

【リースバックについて】


【住宅関連(ヤフオク)】

マンション売却のアイデアル

不動産業者のアイデアルホームでマンション売却を考えてみませんか。
アイデアルホームの特長とメリットを紹介しましょう。
対象とする物件は一戸建、マンション、土地、など様々な形を取り扱っています。
もちろん、査定は無料です。

インターネットで必要事項を記載してデータを送ればいいだけです。
大阪をメインとした不動産業者ですから、大阪近郊に住んでいる人におススメです。
マンションを売却する時に、どこの不動産業者に依頼するかは非常に重要です。
不動産業者が積極的に営業活動をすることで、良い買い手が見つかる可能性が高くなります。
あなたが直接買い手を探すことは現実的ではありません。
物件の広告手段を持たないからです。
媒介契約をすれば、販売のための活動を行ってくれます。
大手不動産会社は知名度も高く、信頼できると思われがちですが、実際には担当者の対応にかかっています。
全国の不動産情報が求められているのではなく、必要な地域の情報だけでいいからです。
小さな不動産業者の方が細かい情報を持っていることも多く、小回りが利くメリットがあります。
不動産御者との契約においては、信頼できるかどうかで判断しましょう。
査定額だけで決めることは、得策ではありません。

マンションを売却した経験を持っている人はほとんどいません。
アイデアルホームのサイトには不動産業者の視点での日記が書かれています。
不動産売却を考える時のヒントになるのではないでしょうか。
一度読んでみるといいでしょう。

【リースバックについて】


【住宅関連(ヤフオク)】

マンションの売却と市場動向

マンション売却において高値で売りたいと思うなら、不動産の市場動向を把握しておくことが大切です。
しかし、一般の人にはそれらの情報を入手することが難しいかもしれません。
そこで、不動産業者が必要となります。

不動産業者にマンション売却を相談すれば、査定をしてくれます。
この査定が市場を反映していることになります。
もちろん、マンションの市場は急激に変化するものではなく、年のレベルで変動します。
自分が売却したいと思った時に都合よく需要が高まっているとは限りません。
それでもマンションを売却するつもりかどうか、自分の中で明確にしなければなりません。
家族と相談する必要もあるでしょう。
希望する売却額を下回るならば、売らないと言う契約の方法も取ることができます。
不動産売却を急がなければならない状況では、売却額が希望を下回ってもやむを得ない場合が多いでしょう。
2013年上期の状況を見てみましょう。

首都圏や近畿圏でのマンション発売戸数は前年と比較すると大きく増加しています。
ただ、これは新築マンションの販売戸数であり、あなたが売却するのは中古マンションです。
中古マンションの方が価格は低くなりますが、それでも2千万円前後の価格になるでしょう。
買い手の方も新築と中古を比較しながら、物件を探しています。
中古のメリットがなければ買い手は現れません。
内覧会などで積極的にメリットをアピールしましょう。
市場が上向いている時が売るタイミングとして最適です。

【リースバックについて】


【住宅関連(ヤフオク)】

マンション売却の基本

査定価格とはマンションを売却する時に、いくらくらいの価値があるかを不動産業者が判断した価格です。
マンション売却の基本を知らない人は、この査定価格で売れると思ってしまいます。
自分が予想していた金額よりも安ければがっかりしてしまうでしょう。

しかし、査定価格はあくまでも不動産業者が判断した価格です。
実際には買い手との交渉ごとになりますから、査定価格よりも高く売れる場合もありますが、安くなってしまう場合もあります。
つまり、査定価格はあくまでも仮の価格と考えましょう。

あなたの考え方一つで、上にも下にもなる可能性があります。
つまり、査定価格に縛られないようにすることです。
それから、売却を始めても、簡単には売れません。

一定期間を過ぎたら、販売戦略を見直すことが大切です。
積極的な不動産業者であれば、業者からあなたに提案してくれるでしょう。
そのアドバイスを考慮して、今後の営業をどう進めるかを考えてください。

最終的には売主であるあなたが決定権を持っていますが、こだわりを持っているだけでは買い手は付きません。
それから、これは売却の初期段階ですが、販売を依頼する業者を見極めることです。
初めて話をする不動産業者であっても、担当者の態度で、ある程度予想がつくでしょう。
一生懸命親身になって対応してくれそうな人かどうかを見てください。
業者は大手でなければならないわけではありません。

最終的には担当者個人の資質にかかってくるからです。
いずれにしても、不動産会社に任せっきりにするのはいけません。

【リースバックについて】


【住宅関連(ヤフオク)】

マンションを高く売る

マンションを高く売却する方法を紹介しましょう。
もちろん、裏ワザのような特別なことではありません。
基本を押さえて、損をしないようにすることで結果的に高く売却することができます。
ただ、すべてうまくいくとは限りません。

何しろ、ほとんどの人がマンションの売却は初めてだからです。
不動産業界にいる人なら常識のことでも、普通の人は知らないことがたくさんあります。
その常識を知っておくだけでもかなりの効果が期待できるでしょう。
まず、マンションの査定を不動産業者に依頼しましょう。

自分のマンションの価値を客観的に知るとともに、相場や市場動向を知ることにもなります。
不動産業者と親しくなれば、ノウハウについてもアドバイスしてくれるはずです。
査定の金額は不動産業者がこれくらいなら売れると判断している金額です。
多少の誤差はあるでしょうが、目安としては重要な価格になります。
また、マンション売却を得意としている会社を選ぶことも大切です。
不動産会社にも得意と不得意の分野があります。

マンションをたくさん手がけている会社を選ぶようにしましょう。
そして、一番大事なのは相談してアドバイスをもらうことです。
不動産業者に依頼して、そのままにしておくのではなく、売主として考えなければならないことを教えてもらいましょう。
高く売りたい気持ちはわかりますが、現実的には少しずつ値引きをしていかなければなりません。
そのタイミングや下げ幅について、効果的なやり方を不動産業者がよくわかっているはずです。

【リースバックについて】


【住宅関連(ヤフオク)】

マンション売却のススメ

マンション売却はあなたが選んだ不動産会社の良し悪しで大きく変わってきます。
単純に査定額が高いだけで選ぶと結果的に失敗だったということになります。
どのような形でマンション売却を進めるかを考えてみましょう。

マンション売却をする時には実際の物件を見てもらってから判断してもらいます。
そのためには室内の整理整頓は当然ですが、当面不要なものは貸倉庫などに移動させることを考えてください。
物がない家は非常に広く感じるものです。

スッキリしていれば、それだけで好印象です。
できるだけ高く売りたいと思っているのですから、ある程度の努力を惜しんではいけません。
玄関周り、トイレ、台所は第一印象が大事です。

不動産業者と契約して、売却を進めますが、営業マンとの意識のすり合わせをしっかりしてください。
売主の意向を明確にすることです。

例えば、売るまでの期限があるのか、最低金額はいくらかと言ったことです。
営業マンと話し合うことによって、どのような販売の仕方を考えればいいかが変わってきます。
査定価格よりも高く売りたいと考えるなら、じっくりと買い手を待つ必要があります。
売却を急いでいる場合には、自分の希望額よりも低い金額で妥協しなければならないでしょう。
また、チラシなどに掲載する売り出し価格は、あらかじめ値引きを想定して、高めに設定されます。
ただ、高すぎると誰も買わない恐れもありますから、見極めが大切です。
マンションの場合は、他の住人との関係もあります。

安値を付けると、他の住人が売却しようとした時に影響を与えてしまうからです。

【リースバックについて】


【住宅関連(ヤフオク)】