ブルガリ

人気の高級ブランド「ブルガリ」。

古代ギリシアがルールの古典的なデザインにモダンの要素をプラスして確立されたのがブルガリのスタイルです。
ブルガリの名を知らない人はいないというほど、知名度の高いブランドです。

ブルガリは、高級感があり、品質のいい時計、アクセサリー、財布、香水、バッグなどが人気商品となっています。
高級宝飾店のブルガリは、1977年から時計の製造を手掛けています。

腕時計で多くの人気シリーズを発表し、世界中で知られると時計ブランドとなっています。
レディースの腕時計では、高級感のあるラグジュアリーなアイテムが多く、たくさんの女性たちのあこがれの的となっています。
ブルガリの腕時計は、現在も多くの人気シリーズを作り続けていて、レディース、メンズ共に人気のブランドどなっています。

ブルガリの腕時計の最初のシリーズは「ブルガリ・ブルガリ」です。
発売当初は時代の先端をいくデザインでした。

腕時計の装飾にブランドロゴを使ったのは、この腕時計が初めでした。

イタリア発祥のブルガリ、1980年代には本格的に腕時計の製造を行うため腕時計の製造拠点をスイスに移しました。
腕時計を自社工場で一貫して製造まで行う世界でも珍しいブランドとなりました。

ブルガリの腕時計は、洗練されたデザイン、妥協のない確かな品質が魅力で、腕時計の分野に本格的に参入してから20年ほどでブランドの地位を確立しました。
世界中で人気のブランドですが、日本においてのシェアも高く、ブルガリ全体の売上の4分の1が日本市場における売上となっているほど、日本でも人気の高いブランドです。

パレンテシ

ブルガリを代表するデザインの1つ「パレンテシ」。
レディースのネックレス、レディースのバングル、リングを始めとして、ブルガリらしい印象を与えるゴージャス感のあるシリーズとなっています。
このパレンテシシリーズからも腕時計が発売されています。

パレンテシは、デコボコとしたパーツを組み合わせて作られているデザインです。
ローマの石畳をモチーフとして作られたそうです。

「パレンテシ」はイタリア語で「カッコ」という意味です。
ゴージャスな印象を与えるこのシリーズは、華やかな場にもよく映えますし、カジュアルに普段の装いのワンポイントとして使うのもいいと思います。
パレンテシは、レディースのネックレス、リングなどで特に人気の高いシリーズなので、腕時計とセットにして合わせて身につける人も多いようです。

パレンテシの代表的なデザインの腕時計は、ゴールド、シルバーのコンビです。
ゴールド、ステンレススティールのコンビもあります。
ゴールド一色、シルバー一色のタイプも人気があります。

この2種類のコントラストが美しく華やかで、高級感のある腕時計となっています。
ブレスレット部分は留め具がついておらず、ばね状になっていますからサイズを気にすることもありませんし、着脱が楽です。
ブレスレットのデザインが凝っているため、文字盤はシンプルにいなっているものが多いです。

文字盤部分に全てパヴェダイヤを敷きつめて、ブレス部分にもダイヤを散らしたさらにゴージャスなデザインの腕時計もあります。

【パレンテシの腕時計】

【パレンテシ(ヤフオク)】

トゥボガス

ブルガリの腕時計で代表作と言われるシリーズの1つ「トゥボガス」。
ゴールド、シルバーなどの素材を手首にコイル状にして巻きつけるという工芸技術を参考にして作られたデザインです。
伝統的な技術と斬新なデザイン、ブルガリらしい相反するものを見事に融合させた腕時計です。

アクセサリーをつける感覚で、腕時計がつけられるエレガントなデザインです。
トゥボガスのデザインは有名なので、一目見たらすぐに「ブルガリ」のものだと気がつく存在感のある腕時計です。

イエローゴールドのケース、ベゼル、ブレスレットで統一したモデルが人気です。
艶ありのベゼルには、ブランドのロゴが刻印されています。
文字盤は黒で、アラビア数字で「12」と「6」、その他はバーのインデックスがゴールドになっています。
全体的にすっきりとまとまったデザインの腕時計です。
ブレスレットはバングルタイプに似ているため、手首に巻き付く感じでフィット感がいいです。
ケースのサイズが30mmのもの、レディースらしく小ぶりな19mmのものがあります。
その他23mm、26mmと中間サイズも用意されています。

シルバーのケースに、シルバーのブレスレットで全体をシルバーでシックに統一したモデルも人気があります。
文字盤は黒で、アラビア数字で「12」と「6」、その他はバーのインデックスがシルバーになっています。

トゥボガスは蛇腹仕上げのブレスレットが独特のデザインで、手元へのフィット感がとてもいいです。
ケースを一周囲んでいるブランドロゴもさりげなくブランドをアピールしていて、手元に美しい輝きを放つ腕時計です。
ブランド感を求める人におすすめのレディース腕時計です。

【トゥボガスの腕時計】

【トゥボガス(ヤフオク)】

ソロテンポ

モダンな印象のあるシリーズがブルガリの「ソロテンポ」。
ブルガリが1997年に発売開始したシリーズです。

シンプルさを前面に押し出したもので、ラウンド型のフェイス、ボリュームがあり品のいいベルトの相性が抜群のしっかりとした腕時計です。
シンプルなので使い勝手がよく、メンズ、レディース共に人気があります。
シンプルなブレスと、波形のブレスのモデルがあります。

セレブ的な印象を受けるデザインで、文字盤の数字「12」と「6」とバーのインデックスも新バージョンとなっています。
ダイアルの周りにブランドロゴが刻印されているタイプもあって、華やかな印象の腕時計に仕上げています。

ソロテンポのレディースの人気商品を紹介します。
ケースはシルバー、文字盤がブラックでギョーシェ模様の入ったデザイン、指針はシルバー、「12」と「6」はアラビア数字、バーのインデックスを使っています。
「12」の下にブランドロゴがあり、「3」の位置に日付表示があります。
文字盤の周りに、ブランドロゴがあります。
ブレスは艶ありと艶なしのシルバーを組み合わせたものです。
ケースサイズは31mmです。
定価は283,500円です。

ケースはシルバー、文字盤がホワイトで、「12」と「6」はアラビア数字、バーのインデックスを使っています。
「12」の下にブランドロゴがあり、「3」の位置に日付表示があります。

特徴的なコマを重ねたブレスは波形です。
ケースサイズは29mmです。

定価は273,000円です。

【ソロテンポの腕時計】

【ソロテンポ(ヤフオク)】

エルゴン

ケースとブレス部分が一体化していて、手首に自然にフィットする独特の形状の腕時計がブルガリの「エルゴン」シリーズです。
メンズ、レディース共に扱っています。
腕のまわりを、弧を描くように取り巻く形状、フィットする感じは他にはないエルゴンらしい腕時計です。
エルゴンは、ブルガリが2004年に登場させたシリーズです。
「エルゴン」という言葉は、「エルゴノミクス」という人間工学を意味する言葉から派生したものです。
ボリュームのあるケースと清らかなフォルムの組み合わせが絶妙です。
デザイン性、機能性共に充実したブルガリの先鋭的な腕時計です。
ケースのサイズは、30mm、35mm、40mmの3種類用意されています。
レディースは30mmとなっています。
レディースモデルには、クォーツが搭載されています。

エルゴンのレディースモデルを2つ紹介します。
1つは、ケースが艶なしのゴールド、文字盤はシルバーでギョーシェ模様つき、針はゴールド、文字盤の12時の位置にブランドロゴ、3時の位置に日付表示、ベルトはブラウンレザーの腕時計。
バックル部分にブランドロゴがあり、蓋の裏にもブランドロゴ、シリアルナンバーがあります。
定価966,000円です。

もう1つはメタリックブラックの腕時計です。
シルバーケースの上下に、ブランドロゴが付いています。
文字盤はブラック、インデックスはアラビアとバー、3時の位置に日付表示。
全体的にすっきりとしていて、デザインがシンプルな腕時計です。

【エルゴンの腕時計】

【エルゴン(ヤフオク)】

ルミノックス腕時計のベルトの種類

ナイロンベルト同様に、ラバーベルトは、アウトドアやミリタリーの腕時計にはよく使われている素材で、ルミノックスにもラバーベルトがあります。
丈夫なので、あまり劣化はしにくいですが、何かの拍子で亀裂やヒビが入ってしまうと、わりと簡単に裂けてやすいというデメリットがあります。
ですが、ナイロンベルトと同じく、ラバーベルトも価格が安いため、その度に交換すると良いでしょう。

ラバーベルトは、水で薄めた洗剤などで、お手入れをすれば、きれいになりますが、きちんと乾燥させるようにしてください。

このようにルミノックス腕時計には、いろいろなタイプのベルトがありますが、一般的なイメージとして、ルミノックスと言えば、ミリタリーやアウトドアタイプでしょう。

ラバーベルトもナイロンベルトも、アウトドアタイプなので、お仕事のときやフォーマルな場所では、ステンレススティールのほうが似合うと思います。
ですが、最近では正装している際も、腕時計だけはラフなものを身に着けている方も増えてきましたので、ルミノックスファンの方も、気にせずにそうしている人も多いと思います。

現在の、おしゃれ感や、トレンド感というものが、昔のスタイルにこだわらないところがありますよね。
わざとハズすくらいがカッコイイということも言われていますよね。
ですから、ルミノックス腕時計もそうした部分では、フォーマルな服装にミリタリーウォッチという組み合わせも粋ということになるでしょう。

【ルミノックス】
セール!30%OFF! ミリタリーウォッチ LUMINOX ルミノックス 3402 F-117 NIGHTHAWK メタルベルト腕時計 / アメリカ軍 納入 ナイトホーク

【ルミノックス(ヤフオク)】

ルミノックスの電池交換

自分で交換すれば、時計店で電池交換する場合の半額くらいで済んでしまいますから、経済的理由によって、自分で交換するという方も多いでしょう。
ですが、ルミノックスの電池交換は、腕時計のタイプがスクリューケースバックですと、外す際の専用工具が必要です。

スクリューバックオープナーは、購入費が3000円前後かかりますが、これを一度、購入しておけば、以後、自分でずっと電池交換が出来ますので、ルミノックス腕時計を長く使う方でしたら、採算も合うでしょう。

自分で電池交換をする際は、やはり防水機能が心配ですので、ルミノックス腕時計をダイビングに使っている方は、別途、防水テストを行なったほうが安心ですね。

そして、最後に、ルミノックスのカスタマーサービスに電池交換を依頼するという方法があります。
ルミノックスの場合、腕時計を購入した正規販売店にお願いすれば、それをそのまま、カスタマーサービスに送ってくれます。
その際に必要なものは、販売店のギャランティカードです。

ギャランティカードがない場合、または、カードに販売した店の記載がない場合は、電池交換の費用が高くなります。
ルミノックスの電池交換の相場ですが、カスタマーサービスで行なった場合は、ギャランティカードがある場合、防水テストを含めて4800円です。
防水テストは、現状を確認するだけのテストですので、裏蓋以外の部品を交換するなどの費用は含まれていません。
ですから、カスタマーサービスで防水テストを受けたとしても、その後の防水保証はありません。
少なくとも2年か3年に1度は、パッキン類の交換をして、防水機能を維持することをおすすめします。
通常の使い方をしている方でしたら良いのですが、ダイビングで使用している方は、防水機能のチェックを受け、必要に応じて部品を交換していったほうが良いでしょう。

【ルミノックス】
セール!30%OFF! ミリタリーウォッチ LUMINOX ルミノックス 3402 F-117 NIGHTHAWK メタルベルト腕時計 / アメリカ軍 納入 ナイトホーク

【ルミノックス(ヤフオク)】

ルミノックス腕時計のベルト

腕時計のベルトというものは、汚れたり、切れたり、古くなってきたら、すぐに交換するようにしたいですね。
ルミノックスの腕時計のベルトをどこで交換してもらえるのかと言いますと、メジャーなところで、一般の時計店でも可能です。
時計店でベルト交換をしてもらう際、その時計店にあるベルトを購入することになります。

ですから、交換する費用などはかからず、基本的にはベルトの商品代だけです。
持ち込みで交換だけお願いするとなると、費用が発生すると思いますし、ベルトを購入しても交換の費用を請求するお店もたまにありますので、時計店によってまちまちでしょう。
電池交換の費用もお店によって違っていますので、それと同じです。
たた、ルミノックス腕時計をベルト交換してもらいたい場合、持ち込んだ時計店に、ルミノックスの純正ベルトはまず、ないでしょうから、普通のベルトになってしまうでしょう。

純正ベルトでなくても構わないという方、また、お金をかけずに、ベルト交換したいという方でしたら、一般の時計店でのベルト交換をおすすめします。
デパートなどに入っているお店や、店舗が大きい場合、ベルトのラインナップも豊富ですので、お持ちのルミノックス腕時計に合う気に入ったベルトを選ぶことが出来ると思います。
ですが、小さい時計店の場合、それほどベルトの品揃えが期待できないというケースもあるでしょうから、気に入ったベルトに出会えない可能性もあります。

【ルミノックス】
ルミノックス LUMINOX 腕時計 ネイビーシールズ クロノグラフ 8362 ダイバープロフェッショナル ルミノックス luminox

【ルミノックス(ヤフオク)】