NHKドラマ ごちそうさん

「ごちそうさん」の舞台は大阪であり、彼女が作る料理は、大阪ではまったく受け付けてもらえない状態からスタートします。
言葉も文化も食生活も違う、大阪と東京、苦労は耐えないでしょうね。

時代背景は大正から昭和ですから、おじいちゃん、おばあちゃんたちも懐かしい思いでご覧になることでしょう。NHKドラマ「ごちそうさん」の見所としては、主人公が戸惑いながらも、大阪の食を極めていくことでしょう。奮闘してながら成長する過程をみなさんも見守って欲しいと思います。

連続ドラマというものには、だいたい原作本があり、小説などの本を元に脚本を書いているものが多いのですが、そもそも「ごちそうさん」には原作がありません。ですから、NHKの連続ドラマ「ごちそうさん」は、原作なしで脚本家の森下佳子さんが書き下ろしているそうです。完全にオリジナルのドラマということでしょう。

そういえば、このところの、NHKの連続ドラマは、原作本がないシリーズが多いと思います。
大人気だった「あまちゃん」も宮藤官九郎さんが手がけた完全なオリジナル作品でしたし、「純と愛」も遊川和彦さんのオリジナルでした。
今回の「ごちそうさん」を手がける脚本家、森下さんは、実はTBSで大人気だったドラマ「仁」を作った方です。

主人公を杏さんが演じるという点と、人気脚本家が手がけるという点でも、「ごちそうさん」の前評判の大きさがわかりますよね。「食」をテーマにした、NHKドラマ「ごちそうさん」は、主人公の杏さんの演技も注目されますし、東京人の主人公が大阪で奮闘するようすをついつい応援したくなると思います。