W杯の戦略

ザッケローニ監督が日本代表チームの監督を引き受けてから、その集大成となる2014年W杯が開かれます。
コートジボワール戦を皮切りに、ギリシャ、コロンビアと戦います。

当面の目標はコートジボワール戦の勝利ですし、予選リーグ突破です。
そのためのザッケローニ監督の戦略はどのような計画なのでしょうか。
インタビューなどで、その時々の感想を述べていることはありますが、最終的にW杯での構想を表に出したことはありません。
もちろん、監督の中ではいろいろなパターンを考えていることでしょう。

戦略が良くても、選手たちが思った動きをしなければ試合には勝てません。
侍ジャパンの課題もありますし、勢いに乗ることで、予想以上の活躍をしてくれるかもしれません。
単純な答えがあるわけではありません。

当面の課題はブラジルの気候でしょうか。
高温多湿のため、試合開始時間が繰り延べになりました。
夜の10時です。

この時間帯にならないと、暑すぎると言うことでしょう。
コートジボワール戦では体力勝負になる可能性もあります。
アフリカ大陸のコートジボワールですから、暑さには強い選手が多いと予想されます。
あなたはW杯の応援をしますか。
サッカーの楽しみとしてではなく、日本人の活躍に期待する人も多いでしょう。
スポーツを通じて、日本が一つになることができれば、素晴らしいことです。
そのためには綿密な戦略を立てておかなければなりません。
ザッケローニ監督は確固たる信念で選手たちを引っ張っています。