家の売却と法律

家の価格は高いですから、売却も購入も慎重になってしまうことでしょう。
しかし、家を売却する事情ができた場合、急いで売りたい時もあるでしょう。
売却価格を重視するか、売却時期を重視するかによって手順が変わってきます。
すぐにでも売りたいと思っているなら多少安くても売ってしまうことになるでしょう。
家の売却においては、不動産取引に関する法律があります。
まず、不動産業者との契約です。

すべてを不動産業者に任せる専属専任媒介契約は信頼できる業者なら問題ないでしょう。
しかし、自分の都合よくいくことばかりではありません。
査定価格が高かったと思って、業者を選定しても、実際に査定価格で売却できる保証はありません。
法律上も査定価格を業者が保証しているわけではないからです。
査定価格とは業者がある程度見込みを持って、決めた販売価格です。
それを希望する人が現れなければ、いつまでも売却できないでしょう。
仕方なく、価格を下げることになります。

不動産業者の最初の査定が甘かった可能性は否定できませんが、それだけで業者に責任を求めることは無理でしょう。
すべては売主である、あなたの判断だからです。
家の売却をしている人の多くができるだけ高く売りたいと思っているかもしれませんが、希望の価格で売れているのはごく一部です。
したがって、あまりいろいろと考えても無駄なのかもしれません。
インターネット上の情報はあくまでも参考です。
世の中が書かれた通りに動いているわけではありません。

【リースバックについて】


【住宅関連(ヤフオク)】