家の売却の基本

事情があって家を売却することになった場合、基本的なことを知っておかないと損をしてしまうことになります。
普通の人には家を売却した経験がありませんから、不動産業者の言いなりになってしまう可能性が高いでしょう。
それでは基本的に抑えておくべきことを考えてみましょう。
個人が個人に売却するケースはほとんどありませんから、不動産業者を仲介することになります。
まず、不動産業者の選定についてです。

良心的な不動産業者を知っているなら問題ありませんが、何も知らずに依頼する場合は注意しましょう。
不動産取引については業界内での信用を高めるために会員制度があります。
宅地建物取引業協会です。

事務所にマークを表示していますから、それを確認してください。
もちろん、会員でなければ売買ができないわけではありませんが、ある程度の信頼がおけると考えていいでしょう。
自宅を売却する場合には、査定をしてもらう必要があります。
一つの業者だけではなく複数の業者に査定を依頼しましょう。

査定は無料が原則ですが、時には費用を請求される場合もありますから、事前に確認をしておくことが大切です。
ただ、査定費用を請求されるようなところに依頼する人はいませんね。
一旦査定してもらったら、家族で十分話し合いましょう。
慌てて契約をすることだけは避けなければなりません。
できるだけ高く売りたいと思うのは誰でも同じですが、そのためには十分な検討が必要です。
また、査定の時には室内をきれいに見せる努力を忘れないようにしてください。
印象によって査定額は変わります。

【リースバックについて】


【住宅関連(ヤフオク)】