4kテレビの登場

この時、シーテックにどのような4kテレビが登場したのかと言いますと、日本のメーカーにおいては、東芝が11年12月発売予定の4k2kテレビである「レグザ55X3」をシーテックで展示し話題になりました。

また、一方、シャープは、アイキューブド研究所が開発した技術、ICCを採用したICC、4kテレビをデモンストレーションしました。
このICC、4k液晶テレビというものは、一般の人にはまったく聞きなれないものですが、なにやら、4kの高画質化技術に人間が目にする風景を作り出すという、最先端のICC技術を使っているそうです。

これらの技術で、より精細感を増加させるということでした。

また、ソニーは、テレビではなく、フルハイビジョン映像を4k画像に変換可能な家庭用プロジェクターを発表しています。
どのメーカーで開発されたものも、ポイントは大画面で高画質であること、そして、高い解像度でよりリアルな映像が楽しめることです。
日本の狭い住宅事情で、それほど大画面のテレビのニーズがあるかわかりませんが、お部屋に合わないほどの大画面テレビを置いているお宅も実際に多いです。
大画面テレビで映像を楽しめるということで、毎日の暮らしの満足度が上がるという方も多いと思います。

また、大画面で高画質のテレビを持つということが他人に自慢できる、一種のステータスにもなっているようですから、これからもテレビはどんどん進化していくことでしょう。

[4Kテレビ]
LC-70UD1 シャープ 4K 液晶テレビ 

【Yahooオークション】